Takako Magic

こんにちは!エグゼクティブコーチ浦山孝子でございます。コーチングの語源は、馬車、大切な人を目的地まで送り届ける、サポートをすることです。アウトカム(得たい成果)を明確にして始めますが、リソース(目標達成のための宝物のすべて)を発見する旅ともいえます。ビジョンタイムラインコーチングという美しくエレガントなセッションと7年間の継続したコーチングのクライアント様のお声です。右上の写真:近著「女神が舞い降りる あなたの才能が花ひらく本」

TOPICS

HUMANBEing 

     最 新 情 報

     エグゼクティブコーチングの1クライアント様からのお声(アンケートより)

(1)あなたにとってエグゼクティブコーチングとは?

一言で言うと『腹落ち』する為の自己変革への導き

明確なゴール設定はあるが、自身のありたい姿ではなかったので『腹落ち』の為に、

自身の理解を深め、且つ、部下から期待されている事を改めて知る機会であった。

 

(2)どのような成果がありましたか?

自身が『腹落ち』する事ができた、明確なゴールに向けての自身の行動と部下との協調・協力

及び成長を促す働きかけ(特に精神的なもの)が出来始めており、事業部における一体感の醸成

の一歩を踏み出せたと感じる。

自身の業務におけるスタイルの改善(既に自分で考えた結論、課題に対する施策が有り、ついつい

発言してしまう事で他の結論や施策が出難い状況を自身で作っていた)が部下の育成には必要であ

る事が理解できた。

今後、上記内容を鑑みて本当の意味での権限移譲(丸投げではない)を実践しようと思えた。

 

(3)コーチ+コンサルタントのセッションで印象に残ったことはどのようなことですか?

エニアグラム自己/他者の価値観に大きな差がある事が理解できた。また、思考パターンや感情

パターンから行動の動機を掴むことができると知った。これは、チーム活性化の出発点であり、

相互に認め合い・協力することで相乗効果が図れると感じた。

 

(4)貴社で上記(3)のセッションを取り入れるとしたら、どのような可能性がありますか?

相互の理解が深まり、関係の質か更に良くなる。深く関係を築きたい人の大切にしている考えやモチ

ベーションの源を知る事でより良い関係が早期に構築できる可能性がある。

 

(5)その他、お気づきの点がありましたら、ご記入ください。

研修などは一定の効果があると評価していましたが、はっきり言ってコーチングについての効果につい

ては懐疑的(否定的:タイプ5の性格かも?)でした。しかし、セッションを終えて事業部の皆さんと

協調・協力しながら成長(自身、同僚、部下、事業などなど)していきたいと思えるようになりました。

本セッションを忘れずに日々行動する事を心掛けます。

半年間、本当にありがとうございました。

 

Testimonials

face_aizawa

日東電工株式会社 元代表取締役専務執行役員 相澤  馨 さん
一回で成果の出るコーチング「ビジョンタイムライン」のお勧め

 「ビジョン・タイムライン」
ビジョン:心に描く像、展望 を はっきりと視る、・・・
これが如何に大切かは、マネージメントクラスの方はよくご存じでしょう。
しかし、きちんと自分の言葉にしてみることは意外に少ないものです。
自分のビジョンを描くことは、
「個人のこれまでの歴史と将来への思い」を明らかにすることです。
しかし、これが、なかなか一人ではできないのです。
それを助けて下さるプロフェッショナルが、浦山孝子さんです。

実は、私もこのコーチングを受けて、自分自身の進む方向を再確認することができた一人です。
人の心の中にある自分だけの道を引き出すこと が上手な浦山さん、
この「TAKAKO MAGIC」 に助けていただいたのです。

これからの進む道をご自分でもう一度見てみたいという方に是非お勧めします。
皆さまに明るい一筋の光が射し込んでくることを、祈っております。

face_taga

多賀クリニック 院長 多賀千之さん
継続型で、人生で本当にやりたいことの発見「シャンパンコーチング」のお勧め

最初に、浦山さんのコーチングの特徴は、①質問が短くて的確できれい ②感性が高い
③方法・手法をたくさん持っている ④トップ層の考え方を知っている の4つです。
私(多賀千之 たがかずゆき)の“浦山孝子シャンパンコーチング”の実体験をお話しします。
平成17年4月当時、私は芳珠記念病院(石川県能美市の総合病院)に小児科医として勤務し、副院長・教育研修委員長を兼務していました。

続きを読む

医療界に財務基盤・費用対効果・人事考課の波が押し寄せていた時代であるとともに、芳珠記念病院自体が第1世代(創業者)から第2世代へ移行する過渡期でした。病院組織としても、40歳中盤で人生の峠を越えかかっていた私個人としても、いろいろな方向への模索を繰り返していました。従来通りの考え方・やり方で病院・医療の中に留まっていては未来へのブレーク・スルーは生まれないのではないかと感じ、新しい風を求めて異業種交流の場へ足を向けました。折しも異業種交流会を北陸先端科学技術大学院大学の教授が新しく企画されており、その中でお会いしたのが浦山孝子さんでした。様々なお話をしている時、浦山さんから“コーチング”のことをお聞きしました。その頃、いろいろな場所で“コーチング”という言葉を目にしていましたので、非常に興味をそそられました。なぜか自然に、「個人的にはコーチングをお願いできないのでしょうか?」と浦山さんにお尋ねしていました。私は石川県在住で、浦山さんは東京在住でしたから無理だろうと思っていたところ、浦山さんのお返事は「コーチングは電話でもできますからOKですよ」の一言でした。
きちんとした打ち合せの後、2週間に1回のコーチングがスタートしました。することは至って簡単で、私から浦山さんにお電話をして30分~1時間、お話をするだけです。その簡便さとは裏腹に、その内容の濃厚さに私は毎回毎回驚かされました。その繰り返しが、平成24年まで、合計170回のコーチングに積み上がりました。この7年間に、芳珠記念病院は大きく脱皮することができ、病院の教育研修システムを構築することができました。また、個人的にもライフワークとして打ち込むことのできる『子育て講演会』を見つけることができました。開業医に転じた今では、幼稚園・保育所や子育て支援センターでお母さん方を対象に子育てに関して年間70回ぐらい講演をしています。これは私が人生で何をしたいか・何を望んでいるかということが自分自身で分かったという成果であり、潜在意識の顕性化だと思います。この7年間で公私ともに未来につながる大きな流れを創り上げることができたのは、正に浦山さんのコーチングのお陰だと確信しています。
では、浦山さんのコーチングはどのようなスタイルなのでしょうか?
電話コーチングの最初に浦山さんから「今日はどんなテーマでお話なさりたいですか?今、気になっていることは何ですか?」と尋ねられます。小さなことでも大きなことでも、今、心の中に引っかかっていることを素直にそのまま提示します。「教育研修の効果判定はどのようにしたらよいのか?」・「○○さんとの関係がギクシャクしていて困っている」・「子供の進路に関してどう話し合ったら良いのか?」など。すると浦山さんは大抵、「それに関して、どのように感じていらっしゃいますか?」とか「その状況の自分を外から見ると、なにが見えますか?」などといった質問を投げかけてきます。それに対して、あせらずに、時間をかけて、自分の、自分なりの答えを言葉にして伝えます。すると次にまた浦山さんから、簡単な質問が投げかけられます。また、自分なりの答えを言葉にして伝えます。この繰り替えしをするだけであって、浦山さんが「こうしたらいいですよ」とか「こうすべきじゃないでしょうか」という指示・指導は決してしません。かなり後になって、それがコーチングというもので、コーチングの第1原則の「答えはその人自身の心の中にある」ということなのだと分かりました。すなわち、コーチとしての浦山さんは「答えは私(多賀)自身の心の中にある」、すなわち「私自身が必ず答えを持っており、自分で見つけることができる」と信じてくれていたのです。信じ続けて、いっしょに探してくれたからこそ、本当の答え、自分にとっての答えが見つかる。自分の中に答えを見つけることができたという感動・喜びの繰り返しの中から、「私自身が必ず答えを持っており、自分で見つけることができる」という感覚、すなわち自信が芽生えてきたのだと思います。当初は浦山さんとのコーチングの時間帯だけにできていた“自前の答え探し”を、知らず知らずの内に日々の生活の中で自分自身がしていることに気付きました。浦山さんから「それを“セルフ・コーチング”と言うのです」と教えて頂きました。繰り返し練習を重ねていくと、スポーツと同じで、自分でもできるようになるのだと感心したのを今でも鮮明に覚えています。
浦山さんのコーチングの不思議な点は、時間内に確実に次の方針・方向性が自分の中から見つかってくることです。30分であれば30分で、1時間であれば1時間で。それは驚きでした。私はコーチングのプロではありませんが、浦山さんのコーチングの特徴を挙げてみると、
① 質問が短くて的確できれい
コーチングを体験して、私は「コーチングは良い質問によって創られる」と実感しました。特に浦山さんの質問は核心・本質に近づく方向性が的確なのでしょう、私自身に考えさせる力が非常に強いのです。もちろん、その考えさせる力に強制力・脅迫力を感じないのは、浦山さんの使う言葉と柔らかい人格のなせる業だと思います。それはきっと、浦山さんが沈黙を大切にされているからでしょう。自分なりの答えを見つけ出して言葉にできるまで、浦山さんは電話の向こうで待ち続けてくれました。私の方がその沈黙に慣れるのに、さほど時間はかかりませんでした。なぜなら最初に「このコーチングの時間は多賀さんが買われた時間です。多賀さんの自由に使っていいですよ」と言われていたからでしょう。
② 感性が高い
7年間、170回のコーチングの中で、浦山さんの言葉が数多く私の手帳に書き留められています。自然な感じで、無理やり生み出してきたものではなく、私にとって座右の銘となる言葉が浦山さんの口から出て来るのに驚きました。また、自分自身の口からも、自分にとって大切な言葉が飛び出してくることがあり、驚いたこともありました。浦山さんの感性の高さによるものだろうと思います。もちろん、その感性の高さが良い質問を生んでいるのでしょう。
③ 方法・手法をたくさん持っている
トランプのゲームがいくら楽しくても、同じゲームを繰り返ししていると、やはり飽きてしまいます。その点、浦山さんのコーチングでは次々と新しいコーチングの手法が入っていきます。それぞれが違った切り口を持っているものなので、違った方向から自分の核心・本質へアプローチできます。全く違った自分自身を見ることができることもあり、毎回、新鮮です。それらのたくさんのアプローチ方法を習得し続け、使えるようになっている浦山さんの勉強熱心さには驚きです。
④ トップ層の考え方を知っている
組織上層部の問題・困難・疲労・葛藤・悲哀といった内容であっても、浦山さんのコーチングでは容易に、シンプルに、分け隔てなく取り上げることができました。これは浦山さんが当初、役員秘書をされていたという経歴が影響していると、私は推測しています。コーチになりたくてコーチングを勉強して来ただけではない経験の厚さが、浦山さんのコーチングでは生きていると感じます。
浦山さんはご自分のコーチングを“シャンパンコーチング”と呼んでおられます。何かの記念日や嬉しい時に、シャンパンをポーンと開けてお祝いをする、そういった素敵な瞬間をコーチングの中で味わって頂きたい・共有したいとの想いからだそうです。浦山さんのコーチングの際に、私は自分の中に答えを見つけることができたという感動・喜びを繰り返し実感し、シャンパンがポーンと開く感覚を体感しました。1回のコーチングの中で感動・喜びを実感することは1回だけではありませんので、7年間で170本以上のシャンパンが浦山さんと私のコーチングの中でポーンと開いたと言えましょう。たくさんの方々にこの“シャンパン・ポーン”を味わって頂けたら何よりと思っています。

閉じる

【A社海外駐在事務所 所長の電話(LINE)コーチング体験】

私にとって、エグゼクティブコーチングとは、目標に向かって進む中で対峙する、あらゆる壁を乗り越えるためのヒントを与えてくれる場所です。1人で思い悩む時間が減り仕事をするモチベーションが向上しました。自分1人で悩んでいて答えが出せないような難題であっても、コーチングの中で話をしているうちに、ふと何を悩んでいたのだろうと思う瞬間がありました。対話する中で自分の考えを整理することができ、何が問題の本質だったのかを捉えられたからだと思います。
浦山さんは聴き上手なのでとても話し易い印象を受けました。最初は何を話せば良いのか緊張しましたが、回を重ねるにつれ、自然体でコーチングを受けることができました。
海外駐在員の個々のモチベーション向上に貢献すると考え、他の方にもお薦めします。

他の方の感想はこちら