Blog

高校時代の親友のありがたい言葉

2016年 10月 10日

高校生の頃、女子校でセーラー服(笑)、

唯一の親友(高校はほとんど行かなかった)からの一言が

胸に沁みます。私は、彼女を心から尊敬しています。


「夕食を済ませ、ほっとしているところです。
病院に行くのは…疲れます。
でも、後悔のない看病をしたいと思うので
頑張ります。
浦山さんも素敵なお仕事体調に気をつけて頑張って
くださいね❗
仕事を続ける事は大変な事ですが、仕事は…色々な
条件が揃わないと出来ないものです。
浦山さんは、すべての条件と「運」「人との出会い」にも
助けられお仕事続けられているのだろう❗と思うと 羨ましいです😊
私も 又 連絡します。おやすみなさい🌃」

7月に、会った時、ご馳走してくれたランチは、
山形の優しいお味でした。
エニアグラムは、多分、タイプ2(助ける人)、尽くす事を
生き甲斐に喜びを感じる彼女、とってもステキです。
ご自分にも、優しくなさってくださいませ。
お父様、お大事に・・・。

‹ Back